『保安力評価のポイントと適正な自主保安活動のための指針』

 〔主催〕安全工学会・保安力向上センター/化学工業日報社

 「保安力評価」は、事業者が自主的に事業所の"安全文化"と"安全基盤"を評価し、強みや弱みを見つけ、改善を進める取り組みです。本講座で学ぶ「保安力評価」の手法は、安全工学会が2013年に保安力向上センターを設立し、評価基準、判定基準を策定、事業所の評価を進めながらブラッシュアップしてきた独自のノウハウをベースとしています。
 第4期となる今回は昨年改訂された最新版の「保安力評価表ver2.0」をもとに実施し、基本説明⇒評価演習⇒グループ討議⇒判定結果の検証⇒全体討議・講評の流れを通して、現場で通用する評価手法を身に付けることができます。本講座を通じて自主評価を指導できることが目標となります。

■□■ プログラム ■□■

 講師陣(例示、変更の可能性あり)
  ◇保安力向上センター センター長 若倉 正英 氏
  ◇保安力向上センター 副センター長 岩田 稔 氏
  ◇保安力向上センター 研究員 臼井 修 氏 他

 <安全基盤1日目> 2017年11月9日(木)(13時~17時)
  『保安力評価の意義と活用について』(1時間)
  『安全基盤の解説』(2時間)
  『安全基盤の評価演習、グループ討議、判定結果の全体討議』(1時間)
  『参加者と講師の懇親会』(17:10~18:30)

 <安全基盤2日目> 2017年11月10日(金)(10時~12時、13時~15時)
  『安全基盤の評価演習、グループ討議、判定結果の全体討議』(4時間)

 <安全文化1日目> 2017年12月14日(木)(13時~17時)
  『安全文化の解説、自己評価でのインタビューについて』(2時間)
  『安全文化の評価演習、グループ討議、判定結果の全体討議』(2時間)

 <安全文化2日目> 2017年12月15日(金)(10時~12時、13時~15時半)
  『安全文化の評価演習、グループ討議、判定結果の全体討議』(4時間)
  『まとめ、修了証交付』(30分)

■□■ 演習の進め方 ■□■

 5~6名のグループで実習を進めます。
 ①安全文化、安全基盤の基礎と、評価項目の構成や判定基準について解説します。
 ②演習では、事前に選定した評価項目の自己評価結果(評価点・判定理由)を対象に、グループでその妥当性を討議して
  いただきます。
 ③討議内容を踏まえ判定の結果をグループごとに発表いただき、評価結果に対する第三者評価の妥当性と評価ポイントに
  ついて解説します。意見交換の場には、センター評価員が待機していますので、いつでもご質問いただけます。
 ④講習時間内で理解しきれなかった疑問点については、文書でご質問いただけます。
 ※安全基盤、安全文化ともにすべての大項目を対象に小項目15~20項目程度の演習を想定しています。
 ※全4回すべて受講することで体系的に理解できるプログラムとなっていますので、原則、欠席および代理出席は認めら
  れません。また返金等もいたしかねます。なお、プログラムは変更する場合があります。受講者には修了証を発行します。

■□■ 開催要項 ■□■

 【受講料】
 12万2千円+税(資料代、懇親会費含む)※お申し込み後、請求書を発行いたします。
 【定員】
 18名程度(定員になり次第締め切り)
 【お申し込み期限】
 2017年10月16日(月)
 【受講対象】
 保安力向上センター会員もしくはこれを機に新規に会員になられる企業や団体の方。
 安全環境部門のマネージャーやスタッフ、自己評価を担当する設備、運転のマネージャーやスタッフの方々を想定していますが、
 広く保安力評価に興味をお持ちの方々の参加をお待ちしています。
 【持ち物】
 ①筆記用具 ②お名刺 ③保安力評価表など
 【事前準備】(詳細はお申し込み後にご連絡させていただきます。)
 ・お申し込み後に現在の職位、職務経験(製造、設備管理、安全環境、本社業務、研究などの経験年数)をお教え下さい。
 ・演習対象の項目を事前にご連絡しますので、自社の工程をイメージし、参加者の視点で評価し、判定理由を記入して事前
  送付していただきます。
 ・事前評価で分かりにくい用語や項目、納得感のない判定基準があれば付記し、あわせてご送付ください。
 ※評価表一式はそれぞれ開催日の3週間程度前にセンターから直接送付させていただきます。ご提出はそれぞれ開催日の
  10日前までに化学工業日報社担当までお願いいたします。
 【日程】
 2017年11月9日(木)、10日(金)、12月14日(木)、15日(金)
 【会場】
 株式会社化学工業日報社1階『セミナールーム』(東京都中央区日本橋浜町3-16-8)
 ※すべて上記会場になります。

【お申し込み】 こちらをクリック

 【お問い合わせ】化学工業日報社 企画局
 〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
 TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861

 ★保安力向上センター新規入会につきましては直接保安力向上センターへお問い合わせください。
   保安力向上センター連絡先 ⇒TEL:03-6661-7218
                     ウェブサイト http://www.jsse.or.jp/hoanryoku/



Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.