月刊「化学経済」

月刊「化学経済」

月刊「化学経済」は1954年に創刊、化学工業界で唯一の専門誌として、国内外から高い支持を得ています。化学業界 トップをはじめ、金融アナリスト、 ジャーナリスト、産官学の専門識者など多彩な執筆陣により、化学および関連産業の需給動向をはじめ、研究開発、経営、環 境などの視点から、毎号特集企画で タイムリーかつグローバルな分析記事をお届けします。

 ※お支払いは前払いとなります。また途中解約について返金はいたしません。


毎月1日発売
定価1,728円(税込・送料別)
年間定期購読料 33,572円(税・送料込み。増刊3冊含め15冊分)
増刊号は定価:本体4,860円(税込・送料別)

最新号のご紹介

月刊「化学経済」2018年1月号
  【特集】次世代自動車の行方を占う
        ~激変する材料・関連産業市場~
    ◆化学業種におけるサイバーリスク

新たな「つながり」への第一歩を 経済産業省 湯本 啓市 2

<トップインタビュー>
抜本的な構造改革に挑む
  杉森 務
 JXTGエネルギー社長 4

     ■特集 次世代自動車の行方を占う ~激変する材料・関連産業市場~

   世界のEVとFCV開発の現状と展望      佐 藤 登(名古屋大学/エスペック) 12
   電動車(EV)市場拡大に伴う周辺業界へのインパクト
                                   風間 智英(野村総合研究所) 22
   中国のEV化による業界再編やニーズの変化     程塚 正史(日本総合研究所) 30
   <企業>
     "カギは欧州にあり"新モビリティ事業の挑戦               三井化学 37
     新しい価値を創造する素材提案          三菱ケミカルホールディングス 42
     自動車材料のマルチマテリアル化を推進                   東 レ 46

 日本国内でのゲルマニウム精製事業による市場開発
                              松 坂 充(カーリットホールディングス) 54
 化学業種におけるサイバーリスクと対処事例
                                木 下 弦(KPMGコンサルティング) 60
 コアコンピタンスを活用した持続的な成長戦略(下編)
                      中川 隆之,平野 裕基,沓掛 毅(野村総合研究所) 66

■連 載
シリコンバレーから,ニッポン製造業を考える⑤
  人件費≒イノベーションの成否?        遠藤 吉紀(Beans International Corp) 50
化学企業における長期戦略の重要性<最終回>
  第3回:販売拡大視点 海外展開における中長期視点の重要性
                               三輪 政樹(KPMGコンサルティング) 76
IHS Markitのケミカル製品の世界市場分析④
  ◆ 尿素  ◆ アクリル酸/同エステル/SAP    山口 優子,岸 章 公(IHS Markit) 80
新局面迎えたグローバル化学再編⑳<最終回>
  経済高度化へ構造改革進める中国 「一帯一路」戦略で原料・市場確保
                                      田口 定雄(産業評論家) 86


TOPICS 積水化学工業 可燃性ごみからエタノール,2019年度に実用プラント稼働へ 53
魚眼・複眼 多様化する魅力的な社史 59
海外は今 世界同時好況で潤う化学工業 加速する技術革新への対応急ぐ 田口 定雄 74
TOPICS 高分子学会主催 「高分子未来サミット」~イノベーションのための新たな道筋~ 85
デ ー タ 主要石油化学製品の生産・輸出入・市況 92
掲 示 板 APIC 2018(マレーシア大会),5月9日,10日に開催 95
TOPICS スペシャルケム R&D,マーケテイング,販売におけるデジタリゼーション 96


総合索引 2017年1月~12月 97

化学工業日報ニュースダイジェスト …… 94   広告索引 ……………………………… 111
次号予告 ………………………………… 112   編集後記 ……………………………… 112


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.