月刊「化学経済」

月刊「化学経済」

月刊「化学経済」は1954年に創刊、化学工業界で唯一の専門誌として、国内外から高い支持を得ています。化学業界 トップをはじめ、金融アナリスト、 ジャーナリスト、産官学の専門識者など多彩な執筆陣により、化学および関連産業の需給動向をはじめ、研究開発、経営、環 境などの視点から、毎号特集企画で タイムリーかつグローバルな分析記事をお届けします。

 ※お支払いは前払いとなります。また途中解約について返金はいたしません。


毎月1日発売
定価1,728円(税込・送料別)
年間定期購読料 33,572円(税・送料込み。増刊3冊含め15冊分)
増刊号は定価:本体4,860円(税込・送料別)

最新号のご紹介

月刊「化学経済」2017年6月号
  【特集】化学企業のB to Cビジネス
    ◆米国トランプ政権下の環境・エネルギー政策
    ◆シリーズ―海外における危機管理対策

視界 まずは貿易! ベルギー・フランダース政府貿易投資局
               日本事務所代表 ディルク・デルイベル 1

<トップインタビュー>
サービスプロセスとの融合で付加価値を上げる
  美甘 哲秀
 丸紅経済研究所所長 2

化学企業の2016年度決算
  事業構造改善の効果発現で過去最高益を更新 編 集 部 9

     ■特集 化学企業のB to Cビジネス

  B to C市場の展望と材料企業にとっての事業機会 中川 隆之,矢野 亮 21
                                  (野村総合研究所)
  【編集部独自取材による各企業の取り組み
   日本の食文化を支えるサランラップ® 旭化成 28
   カーボンゴルフシャフト 世界中のゴルファーに最高の製品を提供 三菱ケミカル 34
   <釣り糸> 素材の強みを活かした事業展開 ユニチカ クレハ 東洋紡 38
   機能性表示による更なる認知向上と販売拡大を目指す 還元型コエンザイムQ10 カネカ 42
   「眠りのソリューション」を提供するねむログの事業展開 帝 人 46

  米国トランプ政権下の環境・エネルギー政策(後編)
   トランプ政権の環境政策の現状と展望
 松本 真由美(東京大学) 56
  自動車の電動化と車載用リチウムイオン電池の産業競争力(下) 佐 藤 登 62
                                (名古屋大学/エスペック)
  事業に貢献する特許の獲得方法
   後編:競合他社に対して有効な特許とは 速水 進治(プレシオ国際特許事務所) 70

■連 載
シリーズ ―海外における危機管理対策①<新連載>
 近年のテロ情勢と海外安全対策 斉田 幸雄(外務省 領事局 邦人テロ対策室) 78
中国の財産権取引所と国有企業買収⑫
 財産権取引所における国有資産譲渡(その4) 洞口 紳也 83
              (呉羽(常熟)ふっ素材料有限公司)
新局面迎えたグローバル化学再編⑭
 2020年代技術革新に備える素材産業 <その1>欧米石化業界再編の軌跡 田口 定雄 88
                                             (産業評論家)


海外は今 塗料業界の大規模再編続く PPGのアクゾ買収,長期化も 田口 定雄 52
News Clip 積水化学工業が新中計をスタート 54
TOPICS 出光興産と昭和シェル石油 協働事業の強化・推進に向けた趣意書締結 61
魚眼・複眼 経営トップに問われる資質 69
TOPICS 高分子学会主催「次世代イノベーター育成講座」【第一回】 75
News Clip ダイセル,2019年度に売上高5000億円中期計画「3D-Ⅲ」を策定 76
EVENT イノベーションを支える素材展 in 大阪2017 94
デ ー タ 主要石油化学製品の生産・輸出入・市況 96
書籍紹介 『よくわかるエネルギー株』,『ゴム科学―その現代的アプローチ―』 98


化学工業日報ニュースダイジェスト 99  広告索引 104
次号予告                  104  編集後記 104


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.