月刊「化学経済」

月刊「化学経済」

月刊「化学経済」は1954年に創刊、化学工業界で唯一の専門誌として、国内外から高い支持を得ています。化学業界 トップをはじめ、金融アナリスト、 ジャーナリスト、産官学の専門識者など多彩な執筆陣により、化学および関連産業の需給動向をはじめ、研究開発、経営、環 境などの視点から、毎号特集企画で タイムリーかつグローバルな分析記事をお届けします。




毎月1日発売
定価1,728円(税込・送料別)
年間定期購読料 33,572円(税・送料込み。増刊3冊含め15冊分)
増刊号は定価:本体4,860円(税込・送料別)

月刊「化学経済」増刊号のご紹介

月刊「化学経済」12月増刊号
  2016年版「アジア化学工業白書」  ─ 多極化する成長市場 ─

  ■B5判・180頁 ■定価:本体4,500円+税(送料144円) ■2016年12月5日発売


【総 論】「アジアの化学産業 広がる市場で新たな発展」/編集部

【アジア主要国の化学工業】
◆《韓      国》 「政府が構造改革を後押し」
◆《台      湾》 「新政権発足,石化産業も新たな方向を打ち出す」
◆《中      国》 「飛躍に向けた調整過程」
◆《タ      イ》 「高付加価値品への投資が拡大」
◆《マ レ ー シ ア》 「RAPID 計画縮小も建設本格化」
◆《シンガポール》 「製造業低迷下で存在感光る化学産業」
◆《 インドネシア 》 「製油所と石油化学の統合進むか」
◆《イ  ン   ド》 「石化製品の内需が増大」
◆《ベ ト ナ ム》 「日系企業の進出相次ぐ」
◆《ミ ャ ン マ ー》 「アジアで最も高い経済成長率」

【データ】
◎アジア諸国の主要経済指標
◎主要石化製品の国別輸出入実績
◎国別統計による国・地域別の主要合成樹脂貿易(2015年)

執筆協力:星野啓二(ケミカルロジテック):中国
       森本郁徳(双日総合研究所):インド,ベトナム,ミャンマー


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.