【2017年】

〔3月〕  

<岩谷産業>谷本氏 岩谷産業は24日の取締役会で谷本光博専務が4月1日付で社長に就任する人事を内定した。野村雅男社長は取締役相談役に就き、6月末の株主総会後に取締役を退く。
〔谷本光博氏=たにもと・みつひろ〕74年(昭和49年)3月神戸商科大学商経学部経営学科卒業、同年岩谷産業入社。09年執行役員、10年取締役、11年常務、12年専務。徳島県出身、65歳。(2017/3/27/11)

<日清オイリオグループ>久野氏 日清オイリオグループは24日開いた取締役会で、久野貴久取締役兼常務執行役員が社長に昇格する人事を固めた。今村隆郎社長は代表取締役会長に就任する。6月23日の定時株主総会および取締役会で正式に決定する。
〔久野貴久氏=くの・たかひさ〕85年(昭和60年)早稲田大学商学部卒、同年日清製油(現日清オイリオグループ)入社。03年理事、06年加工油脂事業部長、08年執行役員、14年取締役兼常務執行役員。愛知県出身、55歳。(2017/3/27/11)

<ポリプラスチックス>塩飽氏 ポリプラスチックスは22日、塩飽俊雄代表取締役常務執行役員が社長に昇格する人事を内定した。6月29日の定時株主総会および取締役会で正式決定する。後藤昇社長は相談役に就く。
〔塩飽俊雄氏=しわく・としお〕87年(昭和62年)京都大学高分子化学専攻修士課程修了、同年ポリプラスチックス入社。07年研究開発センター所長、11年執行役員経営戦略本部事業戦略統括室長、14年取締役執行役員、15年取締役常務執行役員、16年代表取締役常務執行役員。大阪府出身、53歳。(2017/3/23/12)

<ジャパンディスプレイ>東入來氏 ジャパンディスプレイ(JDI)は22日開催の取締役会で、年内に子会社化するJOLEDの東入來信博社長を新社長とする人事を決めた。東入來氏は4月1日付で副会長執行役員に就任する。6月開催の定時株主総会で取締役に選任され、その後の取締役会で社長に就任する予定。本間充会長は退任し有賀修二社長は取締役に退く。東入來氏はJDIの社長就任後もJOLEDの社長を兼任する。
〔東入來信博氏=ひがしいりき・のぶひろ〕1974(昭和49)年早稲田大学理工学部卒業、同年日本鉱業(現JX金属)入社。99年3月Orbotech Display Pacific社長、14年11月JOLED社長。鹿児島県出身、68歳。(2017/3/23/11)

<大阪ソーダ>寺田氏 大阪ソーダは21日、寺田健志取締役常務執行役員が社長に昇格する人事を内定した。佐藤存社長は、代表取締役会長に就く。6月29日開催予定の定時株主総会後の取締役会で正式決定する。
〔寺田健志氏=てらだ・けんし〕88年(昭和63年)京都大学工学部卒業、同年4月大阪曹達(現大阪ソーダ)入社。12年6月執行役員化学品事業部副事業部長、同年10月執行役員化学品事業部長、14年取締役上席執行役員経営戦略本部長、15年取締役常務執行役員経営戦略本部長機能材事業部担当、16年取締役常務執行役員機能材事業部長。大阪府出身、51歳。(2017/3/22/12)

<日本パーカライジング>佐藤氏 日本パーカライジングは17日、佐藤乾太郎副社長が社長に昇格する人事を内定した。里見菊雄取締役名誉会長は名誉会長、里見多一社長は代表取締役会長、小野駿代表取締役会長は取締役相談役に就く。6月29日開催予定の定時株主総会後の取締役会で正式決定する。
〔佐藤乾太郎氏=さとう・けんたろう〕71年(昭和46年)日本大学理工学部工業化学科卒、同年日本パーカライジング入社。98年中京事業部中京技術センター所長、03年タイパーカライジング社長、15年副社長。大分県出身、71歳。(2017/3/21/12)

<東燃化学>宮田氏 東燃ゼネラル石油は、子会社の東燃化学の社長を24日付で宮田知秀専務精製・物流本部長が兼任する人事を発表した。横田宏幸社長は引き続き東燃ゼネラルの取締役に就く。
〔宮田知秀氏=みやた・ともひで〕 90年(平成2年)東京工業大学原子力工学博士課程修了、同年東燃(現東燃ゼネラル石油)入社、06年和歌山工場長、11年取締役、12年同川崎工場長、同年常務取締役精製・物流本部長川崎工場長、14年極東石油工業社長、16年東燃ゼネラル石油専務取締役精製・物流本部長。51歳。(2017/3/17/11)

<有機合成薬品>松井氏 有機合成薬品工業は15日、松井勝取締役執行役員が社長に昇格する人事を内定した。伊藤和夫社長は相談役に就く。6月下旬開催予定の定時株主総会後の取締役会で正式決定する。
〔松井勝氏=まつい・まさる〕80年(昭和55年)上智大学理工学部卒、同年有機合成薬品工業入社。11年化成品本部長、12年総務人事部長、15年執行役員、16年取締役執行役員管理部門統括兼総務人事部長。神奈川県出身、60歳。(2017/3/16/11)

<東邦ホールディングス>加藤氏 東邦ホールディングスは、5月1日付で加藤勝哉常務取締役が社長に昇格する人事を発表した。濱田矩男社長は代表取締役会長に就任する。
〔加藤勝哉氏=かとう・かつや〕78年(昭和53年)独協大学経済学部卒。91年東邦薬品入社、01年取締役、09年東邦ホールディングス執行役員コーポレートコミュニケーション室長、15年常務取締役経営企画本部長。秋田県出身、61歳。(2017/3/16/11)

<千代田化工>山東氏 千代田化工建設は14日、三菱商事の山東理二執行役員が社長に就任する人事を発表した。6月下旬開催予定の株主総会終了後の取締役会で正式決定する。澁谷省吾社長は4月1日付で相談役に就任するため、新社長就任まで社長は空席となる。中垣啓一副社長が引き続き代行を務める。また、長坂勝雄副社長は6月下旬に会長に就任する。
〔山東理二氏=さんとう・まさじ〕1981年(昭和56年)三菱商事入社、13年執行役員。17年4月1日付で千代田化工建設副社長執行役員に就任予定。59歳。(2017/3/15/1)

<東芝機械>三上氏 東芝機械は13日、4月1日付で三上高弘取締役常務執行役員が社長に就く人事を決定した。飯村幸生社長は同日付で代表取締役会長最高経営責任者に就任する。
〔三上高弘氏=みかみ・たかひろ〕82年(昭和57年)立命館大学理工学部卒業、同年東芝機械入社。13年執行役員、14年取締役執行役員、15年取締役常務執行役員。京都府出身、57歳。(2017/3/14/11)

<エア・ウォーター>白井氏 エア・ウォーターは10日、白井清司専務が4月1日付で社長兼COO(最高業務執行責任者)に昇格する人事を発表した。今井康夫社長兼COOは副会長兼会長補佐に就任する。
〔白井清司氏=しらい・きよし〕同志社大学工学部化学工学科卒業、82年(昭和57年)大同酸素(現エア・ウォーター)入社。13年取締役産業カンパニー産業ガス関連事業部長兼産業機材事業部長、14年取締役経営企画部長、15年常務取締役、16年専務取締役。大阪府出身、58歳。(2017/3/13/10)

<セメダイン>岡部氏 セメダインは10日、親会社カネカの岡部貫執行役員高機能性樹脂事業部長が4月1日付で社長執行役員に就任する人事を発表した。岩切浩社長は代表権のない取締役副社長に就く。岡部氏は6月開催予定の株主総会を経て代表取締役社長に就任する。
〔岡部貫氏=おかべ・かん〕83年(昭和58年)慶應義塾大学経済学部卒、同年鐘淵化学工業(現カネカ)入社。98年カネカ・ベルギー出向、15年執行役員高機能性樹脂事業部長。神奈川県出身、56歳。(2017/3/13/10)

<旭化成ファーマ>柴田氏/<旭化成メディカル>姫野氏 旭化成は8日、4月1日付で旭化成メディカルの柴田豊社長が旭化成ファーマ社長に転じる人事を発表した。旭化成メディカル社長には同日付で姫野毅取締役兼常務執行役員が昇格する。旭化成ファーマの堀一良社長は顧問に退く。
〔柴田豊氏=しばた・ゆたか〕79年(昭和54年)東京大学法学部卒、旭化成工業(現旭化成)入社。08年執行役員、11年旭化成クラレメディカル社長兼旭化成メディカル社長兼旭化成ファーマ取締役、16年旭化成専務執行役員ヘルスケア領域担当兼旭化成メディカル社長兼旭化成ファーマ取締役。東京都出身、61歳。
〔姫野毅氏=ひめの・たけし〕87年(昭和62年)大阪大学大学院工学研究科醗酵工学専攻修了、旭化成工業(現旭化成)入社。15年旭化成執行役員兼研究・開発本部ヘルスケア研究開発センター長(東京)、16年旭化成メディカル取締役兼常務執行役員兼医療製品開発本部長研究開発担当。大分県出身、58歳。(2017/3/9/11)

<林純薬>和田氏 林純薬工業は、3月1日付で和田清之取締役が取締役社長に就任したと発表した。入江正克社長は代表取締役会長に就任する。2月28日開催の定時株主総会および取締役会で選任された。
〔和田清之氏=わだ・きよゆき〕91年(平成3年)神戸大学工学部化学工学科卒、同年アサヒビール入社。08年林純薬工業入社、12年執行役員、13年取締役。大阪府出身、49歳。(2017/3/9/11)

<GSK日本法人>菊池氏 グラクソ・スミスクライン(GSK)日本法人は6日、菊池加奈子常務取締役が4月1日付で代表取締役社長に昇格すると発表した。フィリップ・フォシェ社長は代表取締役会長に就く。
〔菊池加奈子氏=きくち・かなこ〕85年(昭和60年)北海道大学薬学部薬学科卒。92年マリオン・メレル・ダウ/ヘキスト・マリオン・ルセル(現サノフィ)入社、97年ボシュロム・ジャパン、99年米ボシュ&ロム。04~13年にノバルティス ファーマ日本法人、13年GSK日本法人入社。北海道出身、54歳。(2017/3/8/11)

<中央化成品>水島氏 中央化成品はこのほど、水島康介副社長が4月1日付で社長に昇格すると発表した。水島啓介社長は代表取締役会長に就任する。
〔水島康介氏=みずしま・こうすけ〕82年(昭和57年)米国ハートフォード大学大学院修了、83年米国三井物産入社。86年中央化成品入社、92年取締役、03年常務、05年副社長。東京都出身、60歳。(2017/3/7/11)

<日本IBM>キーナン氏 日本IBMはポール与那嶺社長が特別顧問に退き、米IBMのエリー・キーナンゼネラル・マネージャーが4月1日付で社長に就く人事を決めた。
〔エリー・キーナン氏〕86年米レンセラー工科大学卒。同年米IBM入社。00年米IBMアジア・パシフィック副社長、03年米IBM副社長、08年日本IBM副社長。16年から現職。イスラエル出身、52歳。(2017/3/7/11)

<日鉄住金ドラム>藤井氏 日鉄住金ドラムは1日、次期社長に新日鉄住金の藤井清澄参与大阪支社副支社長の就任を決めたと発表した。6月下旬開催予定の株主総会および株主総会後の取締役会で正式決定する。小原知実社長は取締役相談役に就任する。
〔藤井清澄氏=ふじい・きよすみ〕82年(昭和57年)新日本製鉄入社。07年薄板事業部ブリキ営業部長、09年厚板事業部厚板営業部長、12年新日鉄住金厚板事業部厚板営業部長、13年大阪支社副支社長、14年参与大阪支社副支社長。広島県出身、58歳。(2017/3/3/11)

<イビデン>青木氏 イビデンは、青木武志代表取締役副社長が社長に昇格する人事を内定した。竹中裕紀社長は代表取締役会長に就く。6月16日開催予定の定時株主総会および取締役会で正式決定する。
〔青木武志氏=あおき・たけし〕81年(昭和56年)関西大学工学部化学工学科卒、同年揖斐川電気工業(現イビデン)入社。08年執行役員、14年常務執行役員セラミック事業本部副本部長、16年代表取締役副社長セラミック事業本部長。岐阜県出身、59歳。(2017/3/2/13)

<双 日>藤本氏 双日は1日、同日開催した取締役会で藤本昌義専務執行役員が社長に就任する人事を決議した。6月開催予定の株主総会で就任する。佐藤洋二社長は代表取締役会長に就く。加瀬豊代表取締役会長は特別顧問となる。現中計が2018年3月で完了するため、新体制で新中計の策定・実行を進める。同日開いた記者会見で藤本新社長候補は、「スピード感を持って双日らしい事業領域の拡張を進めていきたい」などと抱負を語った。
〔藤本昌義氏=ふじもと・まさよし〕81年(昭和56年)東京大学法学部卒、同年日商岩井(現双日)入社。14年理事経営企画担当役員補佐、15年4月執行役員、同年10月常務執行役員、16年専務執行役員。福岡県出身、59歳。(2017/3/2/13)

<フィリップス エレクトロニクス ジャパン>堤氏 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは1日、堤浩幸執行役員副社長ヘルスシステムズプレジデントが同日付で社長に昇格する人事を発表した。フィリップス・レスピロニクス職務執行者社長にも就く。ダニー・リスバーグ社長は取締役会長に就任する。
〔堤浩幸氏=つつみ・ひろゆき〕85年(昭和60年)慶応大学理工学部卒。日本電気などを経て16年フィリップス エレクトロニクス ジャパン入社。山梨県出身、54歳。(2017/3/2/13)

<住友精化>大野氏 住友精化は、大野友久住友化学代表取締役専務執行役員を新社長に迎え入れる人事を内定した。6月28日の株主総会および取締役会で正式決定する。上田祐介社長は相談役に就く。
〔大野友久氏=おおの・ともひさ〕77年(昭和52年)一橋大学商学部卒、同年住友化学工業(現住友化学)入社、08年執行役員、11年常務執行役員、12年取締役常務執行役員、14年取締役専務執行役員、同年代表取締役専務執行役員。62歳。(2017/3/1/11)

<宇部エクシモ>小塚氏 宇部エクシモは28日、小塚健次取締役常務執行役員の社長就任を内定したと発表した。渡邊史信社長は相談役に就く。いずれも就任は4月1日付で、3月24日の株主総会および取締役会で正式決定する。
〔小塚健次氏=こづか・けんじ〕79年(昭和54年)名古屋工業大学工学部卒、80年宇部エクシモ入社。11年執行役員技術・生産本部副本部長兼岐阜工場長、12年取締役、13年常務執行役員、14年事業本部長、15年研究開発本部長。愛知県出身、61歳。(2017/3/1/11)

〔2月〕

<三井・デュポンフロロケミカル>加藤氏 三井・デュポン フロロケミカルは27日、加藤孝政常務執行役員が3月28日付で社長に昇格すると発表した。福原修三社長は代表権のない会長に就任し、今井和典会長は退任する。
〔加藤孝政氏=かとう・たかまさ〕82年(昭和57年)上智大学理工学部卒、同年デュポン入社。07年三井・デュポン フロロケミカル出向、09年樹脂・フィニッシュ事業樹脂営業開発部長、12年執行役員樹脂・コンパウンド事業部門担当、13年常務。埼玉県出身、57歳。(2017/2/28/11)

<ケマーズ>福原氏 ケマーズ(本社・東京都港区)は27日、4月1日付で三井・デュポン フロロケミカルの福原修三社長を社長に迎える人事を発表した。今井和典社長は3月31日付で退任する。
〔福原修三氏=ふくはら・しゅうぞう〕81年(昭和56年)慶応大学工学部機械工学科卒、同年デュポンファーイースト日本支社(現デュポン)入社。02年デュポンアジア太平洋地域高機能材料事業リージョナルビジネスディレクター、03年取締役、08年東レ・デュポン代表取締役副社長、15年三井・デュポン フロロケミカル代表取締役社長。沖縄県出身、59歳。(2017/2/28/11)

<EAファーマ>松江氏 エーザイの消化器事業子会社であるEAファーマは24日、エーザイの松江裕二常務執行役が同日付で社長に就任すると発表した。清水初社長の死去にともなう人事。EAファーマはエーザイと味の素の合弁会社で昨年4月に発足した。
〔松江裕二氏=まつえ・ゆうじ〕82年(昭和57年)慶応大学経済学部卒、同年エーザイ入社。09年執行役、14年常務執行役、16年同デピュティチーフタレントオフィサー。東京都出身、57歳。(2017/2/28/11)

<わかもと製薬>堀尾氏 わかもと製薬は23日、堀尾良宏専務が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。神谷信行会長兼社長は代表権のある会長にとどまる。
〔堀尾良宏氏=ほりお・よしひろ〕74年(昭49年)日本大学理工学部卒、同年わかもと製薬入社。12年取締役、15年常務取締役、16年代表取締役専務。神奈川県出身、65歳。(2017/2/27/11)

<エーピーアイコーポレーション>喜多代氏 エーピーアイコーポレーションは23日、喜多代秀樹執行役員が4月1日付で社長に就任する人事を発表した。近藤清社長は顧問に就く。
〔喜多代秀樹氏=きただい・ひでき〕81年(昭和56年)千葉大学理学部卒、同年吉富製薬(現・田辺三菱製薬)入社。09年田辺三菱製薬経営企画部グループ経営室長、16年エーピーアイコーポレーション執行役員経営企画部長。福岡県出身、59歳。(2017/2/24/11)

<宇部マテリアルズ>市川氏 宇部興産は21日、市川正隆常務執行役員が4月1日付で子会社の宇部マテリアルズ社長に就任する人事を発表した。平井雅典社長は相談役に退く。
〔市川正隆氏=いちかわ・まさたか〕80年(昭和55年)九州大学工学部卒、同年宇部興産入社。08年建設資材カンパニー生産・技術本部伊佐セメント工場長、16年常務執行役員建設資材カンパニー生産・技術本部長兼資源リサイクル事業部担当、技術開発研究所担当。福岡県出身、61歳。(2017/2/22/11)

<京セラ>谷本氏 京セラは20日、4月1日付で山口悟郎社長が代表取締役会長に、谷本秀夫取締役兼執行役員常務が社長に就任するトップ人事を発表した。久芳徹夫代表取締役会長は取締役相談役に就く。
〔谷本秀夫氏=たにもと・ひでお〕82年(昭和57年)上智大学理工学部卒、同年京都セラミック(現京セラ)入社。14年ファインセラミック事業本部長、15年執行役員、16年取締役兼執行役員常務。長崎県出身、56歳。(2017/2/21/11)

<南海化学>菅野氏 南海化学は14日開いた取締役会で、次期社長にの菅野秀夫取締役執行役員の昇格を決めた。4月1日付で就任する。池田和夫社長は取締役相談役に就く。
〔菅野秀夫氏=かんの・ひでお〕81年(昭和56年)3月成蹊大学経済学部卒、同年4月三菱商事入社。16年6月南海化学入社。同年取締役執行役員管理本部企画部長。大阪府出身、59歳。(2017/2/15/11)

<日本触媒>五嶋氏 日本触媒は8日、五嶋祐治朗取締役常務執行役員が社長に昇格する人事を発表した。池田全徳社長は代表取締役会長に就任する。就任予定日は4月1日。
〔五嶋祐治朗氏=ごとう・ゆうじろう〕1980年(昭和55年)熊本大学工学部卒、同年日本触媒入社。11年生産本部副本部長兼生産技術部長、12年執行役員、15年取締役常務執行役員。山口県出身、59歳。(2017/2/9/1)

<デンカ>山本氏 デンカは7日、4月1日付で山本学取締役専務執行役員が社長に昇格する人事を発表した。
〔山本学氏=やまもと・まなぶ〕81年(昭和56年)早稲田大学政治経済学部卒、電気化学工業(現デンカ)入社。09年執行役員、11年上席執行役員、13年4月常務執行役員、同年6月取締役常務執行役員、16年取締役専務執行役員。東京都出身、60歳。(2017/2/8/1)

<デンカ生研>綾部氏 〔綾部光邦氏=あやべ・みつくに〕77年(昭和52年)慶応大学大学院工学研究科修了、同年電気化学工業(現デンカ)入社。07年執行役員、11年取締役常務執行役員、15年代表取締役専務執行役員、16年代表取締役副社長執行役員。東京都出身、64歳。(2017/2/8/11)

<デンカエンジニアリング>狩野氏 〔狩野利春氏=かのう・としはる〕74年(昭和49年)神奈川大学工学部機械工学科卒、同年デンカ入社。10年執行役員伊勢崎工場長、13年常務執行役員大牟田工場長、15年専務執行役員青海工場長。群馬県出身、64歳。(2017/2/8/11)

<YKイノアス>宇田川氏 〔宇田川秀行氏=うだがわ・ひでゆき〕76年(昭和51年)東京工業大学工学部無機材料工学科卒、同年デンカ入社。09年執行役員セメント・特混事業部長、11年上席執行役員、13年常務執行役員インフラ・無機材料部門長兼災害復興・整備支援本部長、16年専務執行役員インフラ・無機材料部門管掌兼特殊混和材海外事業推進統括。東京都出身、64歳。(2017/2/8/11)

<東洋スチレン>松下氏 〔松下三四郎氏=まつした・さんしろう〕80年(昭和55年)慶応大学法学部政治学科卒、同年デンカ入社。06年電子材料事業本部電子部材事業部長、10年執行役員スチレン事業部長、13年常務執行役員生活・環境プロダクツ部門長兼災害復興・整備支援本部副本部長、15年常務執行役員電子・先端プロダクツ部門長。愛媛県出身、60歳。(2017/2/8/11)

<日本化学工業>棚橋氏 日本化学工業は7日、棚橋洋太代表取締役兼専務執行役員が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。鈴木義博社長は取締役相談役に退く。
〔棚橋洋太氏=たなはし・ひろた〕00年(平成12年)東京理科大学大学院理学研究科修了、同年住友スリーエム(現・スリーエムジャパン)入社。07年日本化学工業入社、12年取締役兼常務執行役員兼営業本部長、15年代表取締役兼専務執行役員兼経営企画室・事業推進本部・営業本部担当。東京都出身、40歳。(2017/2/8/11)

<ノバルティス日本法人>綱場氏 ノバルティス ファーマはこのほど、米イーライリリー出身の綱場一成氏を新社長に内定したと発表した。4月1日付で就任する。現社長のダーク・コッシャ氏は顧問に就く予定。
〔綱場一成氏=つなば・かずなり〕94年(平成6年)東京大学経済学部卒。01年米デューク大学MBA取得、米イーライリリー入社、09年香港法人社長、11年日本法人糖尿病領域事業本部長、16年豪州・ニュージーランド法人社長。45歳。(2017/2/8/11)

<帝人ファーマ>鍋島氏 帝人ファーマは6日、4月1日付で鍋島昭久専務取締役が社長に昇格する人事を発表した。鍋島氏は、帝人グループ常務執行役員ヘルスケア事業グループ長も兼務する。宇野洋社長は、帝人本体の取締役専務執行役員を継続するとともにヘルスケア事業統轄に就く。
〔鍋島昭久氏=なべしま・あきひさ〕82年(昭和57年)大阪経済大学経営学部卒、同年帝人入社。13年帝人ファーマ取締役、15年帝人グループ執行役員兼帝人ファーマ専務取締役(在宅医療事業本部長兼在宅医療営業部門長)。兵庫県出身、57歳。(2017/2/7/11)

<東邦テナックス>乾氏 東邦テナックスは、4月1日付で新社長に乾秀桂取締役が就任する人事を内定した。帝人グループ執行役員および帝人の炭素繊維事業本部長にも就任する。中石昭夫社長は帝人グループ執行役員を継続しつつ、帝人の複合成形材料事業本部長に就任する。
〔乾秀桂氏=いぬい・しゅうけい〕86年(昭和61年)徳島大学工学部卒、同年東邦レーヨン(現東邦テナックス)入社。10年企画管理部門長、12年モビリティビジネスグループ長、14年取締役営業部門長兼モビリティビジネスグループ長、15年取締役営業部門長兼エネルギー・電気電子ビジネスグループ長兼帝人炭素繊維・複合材料事業本部長付、16年取締役営業部門長兼帝人炭素繊維・複合材料事業本部長付。徳島県出身。53歳。(2017/2/7/11)

<日本製鋼所>宮内氏 日本製鋼所は6日、4月1日付で新社長に宮内直孝取締役常務執行役員が就任する人事を決定した。佐藤育男社長は同日付で取締役となり、6月末の株主総会終了後、取締役を退任して相談役に就任する予定。
〔宮内直孝氏=みやうち・なおたか〕1981年(昭和56年)中央大学理工学部卒業、同年日本製鋼所入社。11年広島製作所副所長、13年執行役員広島製作所長、15年常務執行役員、16年6月から取締役常務執行役員。東京都出身、59歳。(2017/2/7/11)

<グンゼ>廣地氏 グンゼは3日、廣地厚代表取締役専務が社長に昇格する人事を内定したと発表した。就任日は4月1日。児玉和社長は取締役相談役に就く。
〔廣地厚氏=ひろち・あつし〕83年(昭和58年)岡山大学法文学部卒、同年グンゼ入社。10年執行役員アパレルカンパニーレッグウエア事業本部長、12年取締役兼執行役員アパレルカンパニーレッグウエア事業本部長兼CCO、14年常務取締役兼常務執行役員アパレルカンパニー長兼インナーウエア事業本部長兼CMO兼CLO、16年代表取締役専務取締役兼専務執行役員経営戦略部長兼CHO兼CCSRO兼CMO。大阪府出身、57歳。(2017/2/6/11)

<日立金属>平木氏 日立金属は2日、平木明敏代表執行役執行役常務が代表執行役執行役社長に昇格するトップ人事を発表した。4月1日付で就任する。高橋秀明執行役社長は取締役会長に就任する。
〔平木明敏氏=ひらき・あきとし〕85年(昭和60年)大阪大学大学院金属材料工学科修士課程修了、同年日立金属入社。08年日立設備エンジニアリング社長、10年日立金属事業役員、12年事業役員常務、15年代表執行役執行役常務、16年代表執行役執行役常務。兵庫出身、55歳。(2017/2/3/11)

<FDK>大橋氏 FDKは1月31日開催した取締役会で、富士通の大橋洋一サプライチェーンマネジメント本部長を社長に迎える人事を内定した。望月道正社長は取締役に就く。6月下旬の株主総会および取締役会で正式決定する。
〔大橋洋一氏=おおはし・よういち〕82年(昭和57年)慶応大学商学部卒、同年富士通入社。01年通信事業推進本部生産管理統括部第一オペレーション部長、13年モバイルフォン事業本部長代理兼サプライチェーンマネジメント本部長代理、14年サプライチェーンマネジメント本部長。57歳。(2017/2/2/11)

<横浜ゴム>山石氏 横浜ゴムは1月31日、同日開催した取締役会で山石昌孝取締役常務執行役員が社長に昇格する人事を内定したと発表した。野地彦旬社長は取締役副会長に就く。3月30日開催の株主総会および取締役会で正式決定する。
〔山石昌孝氏=やまいし・まさたか〕86年(昭和61年)横浜ゴム入社。10年秘書室長、14年執行役員、15年取締役、16年常務執行役員。54歳。(2017/2/1/11)

<第一三共>眞鍋氏 第一三共は1月31日、次期社長に眞鍋淳副社長を昇格させるトップ人事を発表した。4月1日付で就任予定。中山讓治社長は代表権のある会長に就き、最高経営責任者(CEO)職を継続する。
〔眞鍋淳氏=まなべ・すなお〕77年(昭和52年)東京大学農学部卒、78年三共(現・第一三共)入社。05年安全性研究所長、09年執行役員・研究開発本部プロジェクト推進部長、12年戦略本部経営戦略部長、14年取締役常務執行役員、日本カンパニープレジデント兼事業推進本部長、15年専務執行役員・国内外営業管掌、16年4月副社長執行役員・総務・人事本部長兼メディカルアフェアーズ本部長、同年6月代表取締役。香川県出身、63歳。(2017/2/1/11)

〔1月〕

<日清製粉グループ本社>見目氏 日清製粉グループ本社は30日開催した取締役会で、見目信樹常務が4月1日付で社長に昇格する人事を決めたと発表した。大枝宏之社長は取締役相談役に就き、6月28日付で特別顧問に就任する。
〔見目信樹氏=けんもく・のぶき〕84年(昭和59年)一橋大学経済学部卒、同年日清製粉(現日清製粉グループ本社)入社。08年経理・財務本部経理部長、12年執行役員、15年常務取締役。東京都出身、55歳。(2017/1/31/11)

<アドバンテスト>吉田氏 アドバンテストはこのほど、吉田芳明取締役専務が26日付で社長に就任したと発表した。黒江真一郎社長は代表権のない取締役に就任した。
〔吉田芳明氏=よしだ・よしあき〕1980年(昭和55年)横浜国立大学経営学部卒業。99年アドバンテスト入社、09年常務執行役員、13年取締役常務、16年取締役専務。青森県出身、58歳。(2017/1/31/8)

<リコー>山下氏 リコーは26日、同日開催した取締役総会で山下良則副社長が4月1日付で社長に就任すると発表した。三浦善司社長は取締役を退任し、特別顧問に就任する。近藤史朗代表取締役会長は代表権のない会長になり、稲葉延雄取締役が取締役会議長に就任する。(2017/1/30/5)

<三菱ケミカル物流>福田氏 三菱化学物流は26日、三菱化学の福田信夫執行役員を社長に迎える人事を発表した。福田氏は3月1日付で三菱化学物流の取締役兼副社長執行役員に就任、4月1日付(三菱ケミカル物流に社名変更)で社長に就任する。石川甚秀社長は顧問(非常勤)に就任する。
〔福田信夫氏=ふくだ・のぶお〕81年(昭和56年)東京大学理学部化学科卒、同年三菱化成工業(現三菱化学)入社。05年寧波三菱化学有限公司社長、11年三菱化学理事石化基盤本部ユーティリティー部長、12年執行役員黒崎事業所長、14年執行役員化学品本部長。宮崎県出身、58歳。(2017/1/27/11)

<三菱ケミカルエンジニアリング>佐久間氏 三菱化学エンジニアリングは26日、4月1日付(三菱ケミカルエンジニアリングに社名変更)で佐久間良介取締役が新社長に就く人事を発表した。福村龍二社長は顧問に就任する。
〔佐久間良介氏=さくま・りょうすけ〕81年(昭和56年)慶応大学工学部機械工学科卒、同年三菱化成(現三菱化学)入社。10年三菱化学エンジニアリングプロジェクト第1本部企画管理室長、12年理事水島事業所事業所長、14年取締役兼プロジェクト第一本部長、16年同本部食品事業部長兼務。山梨県出身、57歳。(2017/1/27/11)

<バイオベラティブ・ジャパン>笠本氏 バイオジェン・ジャパンは19日、バイオベラティブ・ジャパンの社長に笠本浩血友病事業本部長が2月1日付で就任すると発表した。バイオベラティブ・ジャパンは、バイオジェン・ジャパンの血友病事業を分社して設立。同日付で事業を開始する。
 米バイオジェンは昨年5月に血友病事業を分社化し、バイオベラティブを設立すると発表しており、日本でも同様の体制を取る。米バイオベラティブでは手続きを完了次第、NASDAQに上場する予定。
 笠本氏はサノフィ日本法人で要職を歴任し、直近では執行役員糖尿病営業本部長を務めた。2016年5月にバイオジェン・ジャパンに入社、血友病事業本部長に就任している。(2017/1/20/11)

<ファンケル>島田氏 ファンケルは、4月1日付で島田和幸取締役専務執行役員が社長兼CEOに就任すると発表した。宮島和美社長兼COOは取締役副会長執行役員に就く。
〔島田和幸氏=しまだ・かずゆき〕79年(昭和54年)同志社大学法学部卒、同年ダイエー入社。03年ファンケル入社、06年経営戦略本部経営企画部長兼新規事業部長、11年取締役常務執行役員管理本部長。広島県出身、61歳。(2017/1/18/11)

<前川製作所>前川真専務 前川製作所は16日、前川正社長が会長に退き、新たに前川真専務が社長に就く人事を内定した。3月28日に開催する株主総会および取締役会で正式に決定する。
〔前川真氏=まえかわ・しん〕2002年コーネル大学フードサイエンス学科卒、同年前川製作所入社。11年マエカワフランス支店長、12年食品ブロック・ミートグループ欧州食品リーダー、13年取締役、14年専務取締役(欧州担当)、16年同(海外統括)。東京都出身、38歳。(2017/1/17/11)

<住友電気工業>井上氏 住友電気工業は13日、次期社長に自動車用ワイヤーハーネス子会社である住友電装の井上治社長を昇格させるトップ人事を内定した。松本正義社長は代表権のある会長に就く。松本氏は今年5月に関西経済連合会(関経連)会長に就くことが内定しており、これを機に13年ぶりの社長交代を図る。6月下旬の定時株主総会で正式決定する。なお住友電装社長には3月31日付で住友電工の川井文義代表取締役専務が就任する。
〔井上 治氏=いのうえ・おさむ〕75年(昭和50年)九州大学経済学部卒、同年4月住友電気工業入社。04年執行役員、06年住友電装執行役員支配人、08年住友電工常務取締役、12年6月から住友電装代表取締役執行役員社長兼住友電工自動車事業本部副本部長。福岡県出身、64歳。(2017/1/16/11)

<住商ファーマインターナショナル>中村氏 住商ファーマインターナショナルは、1月1日付で中村健一取締役兼住友商事メディカルサイエンス部長が社長に就任した。須藤龍也前社長はザ・ハーツ・マウンテン・コーポレーション社長兼CEOに就任した。
〔中村健一氏=なかむら・けんいち〕89年(平成元年)慶応大学理工学部卒、同年住友商事入社。07年住商ファーマインターナショナル執行役員、11年サミット・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパCEO、14年住商ファーマインターナショナル取締役。北海道出身、50歳。(2017/1/11/11)



Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.