【2017年】

〔1月〕

<住友電気工業>井上氏 住友電気工業は13日、次期社長に自動車用ワイヤーハーネス子会社である住友電装の井上治社長を昇格させるトップ人事を内定した。松本正義社長は代表権のある会長に就く。松本氏は今年5月に関西経済連合会(関経連)会長に就くことが内定しており、これを機に13年ぶりの社長交代を図る。6月下旬の定時株主総会で正式決定する。なお住友電装社長には3月31日付で住友電工の川井文義代表取締役専務が就任する。
〔井上 治氏=いのうえ・おさむ〕75年(昭和50年)九州大学経済学部卒、同年4月住友電気工業入社。04年執行役員、06年住友電装執行役員支配人、08年住友電工常務取締役、12年6月から住友電装代表取締役執行役員社長兼住友電工自動車事業本部副本部長。福岡県出身、64歳。(2017/1/16/11)

<住商ファーマインターナショナル>中村氏 住商ファーマインターナショナルは、1月1日付で中村健一取締役兼住友商事メディカルサイエンス部長が社長に就任した。須藤龍也前社長はザ・ハーツ・マウンテン・コーポレーション社長兼CEOに就任した。
〔中村健一氏=なかむら・けんいち〕89年(平成元年)慶応大学理工学部卒、同年住友商事入社。07年住商ファーマインターナショナル執行役員、11年サミット・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパCEO、14年住商ファーマインターナショナル取締役。北海道出身、50歳。(2017/1/11/11)

【2016年】

〔12月〕

<タキロンシーアイ>南谷氏 タキロンは、シーアイ化成との合併により2017年4月に発足予定のタキロンシーアイの社長に南谷陽介代表取締役副社長が就く人事を内定した。シーアイ化成との合併を予定している2017年4月1日付で就任する。兵頭克盛社長は取締役会長に就く。シーアイ化成の石塚哲士社長は取締役副会長に就任する。
〔南谷陽介氏=みなみたに・ようすけ〕1974年(昭和49年)3月慶応大学法学部法律学科卒、同年4月伊藤忠商事入社。06年伊藤忠商事代表取締役常務、08年タキロン代表取締役副社長。東京都出身、65歳。(2016/12/28/1)

<大塚メディカルデバイス>東條氏 大塚ホールディングス(大塚HD)の医療機器事業統括子会社、大塚メディカルデバイス(大塚MD)は来年1月1日付で東條紀子取締役が社長に昇格すると発表した。東條氏は大塚製薬の米国持株会社大塚アメリカInc、同米子会社ファーマバイト社のCEOを引き続き兼務する。白藤泰司社長は代表権のない取締役に就く。
〔東條紀子氏=とうじょう・のりこ〕87年(昭和62年)東京大学法学部卒、同年ゴールドマン・サックス証券入社、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社、インテル日本法人などを経て、08年大塚HD常務取締役、11年大塚MD取締役、12年大塚アメリカIncCEO、15年ファーマバイトCEO。熊本県出身、52歳。(2016/12/27/7)

<古河電工>小林氏 古河電気工業は22日、2017年4月1日付で、小林敬一専務が社長に昇格する人事を発表した。柴田光義社長は取締役会長に就く。
〔小林敬一氏=こばやし・けいいち〕1985年早稲田大学理工学研究科金属工学専攻修了、同年古河電気工業入社。09年金属カンパニー主査、13年巻線事業部門長、14年執行役員、15年取締役兼執行役員常務、16年代表取締役兼執行役員専務。北海道出身、57歳。(2016/12/26/7)

<テルモ>佐藤氏 テルモは、2017年4月1日付で、三村孝仁取締役専務執行役員が代表取締役会長に、佐藤慎次郎取締役常務執行役員が代表取締役社長CEOに就任する人事を発表した。
〔佐藤慎次郎氏=さとう・しんじろう〕84年(昭和59年)東京大学経済学部卒、同年東亜燃料工業(現東燃ゼネラル石油)入社、04年テルモ入社、10年執行役員、12年上席執行役員、14年取締役上席執行役員、15年取締役常務執行役員。東京都出身、56歳。(2016/12/19/16)

<バイエル薬品>プリンツ氏 バイエル薬品は6日、ハイケ・プリンツ循環器領域事業部長が2017年1月1日付で社長に就任する人事を発表した。カーステン・ブルン社長は、同日付でバイエルの北中南米の医療用医薬品部門の米国代表に就任し、4月1日までに同部門の北中南米代表に就任する。
〔ハイケ・プリンツ氏〕1964年生まれ。ベルリン経済法科大学で経済学修士号を取得。1986年にシェーリング(後にバイエルと統合)に入社後、09年にシンガポール・バイエルの医療用医薬品部門ウイメンズヘルスケアのアジア太平洋地域事業部長に就任。11年タイ・カンボジア・バイエル医療用医薬品部門代表、13年ドイツ本社医療用医薬品部門責任者スタッフ室長を経て現職。(2016/12/7/11)

<昭光通商>稲泉氏 昭光通商は5日、昭和電工の稲泉淳一執行役員アルミ機能部材事業部長を社長に迎え入れる人事を内定した。宮﨑孝社長は相談役に就任する予定。2017年3月末に開催予定の株主総会後に就任する。
〔稲泉淳一氏=いないずみ・じゅんいち〕1982年(昭和57年)昭和電工入社。09年アルミニウム事業部門アルミニウム事業企画室長、13年アルミ機能部材事業部長、14年執行役員アルミ機能部材事業部長、17年1月昭光通商特別顧問に就任予定。58歳。(2016/12/6/11)

〔11月〕

<日本カーボン>宮下氏 日本カーボンは10日、来年1月1日付で宮下尚史専務取締役が社長に昇格すると発表した。同日開催の取締役会で決議した。伊東郁夫社長は取締役に退き、3月29日開催予定の株主総会で取締役を退任し顧問に就く。
〔宮下尚史氏=みやした・たかふみ〕88年(昭和63年)明治大学商学部卒、92年日本カーボン入社、11年執行役員営業本部FC販売第1部長兼大阪支店長、12年取締役、15年常務取締役、16年専務取締役。東京都出身、52歳。(2016/11/11/8)

〔10月〕

<日本アエロジル>キルシュナー氏 日本アエロジル(エボニック ジャパン80%、三菱マテリアル20%出資)は2017年1月1日付でエボニック タイランド カントリーヘッド&マネジングディレクターのフロリアン・キルシュナー氏が社長に就任する人事を決めた。マイケル・ドルーダ社長は12月31日付で退任してドイツ本社に帰任する。
〔フロリアン・キルシュナー氏〕カールスルーエ大学で化学博士号を取得後、90年にデグサ入社。ペイスト&パウダー貴金属ディビジョンオペーレーションマネジャーを務めた後、ブラジル、米国、インドなどのグループ会社に赴任。12年1月からエボニック タイランド カントリーヘッド&マネジングディレクター。独ビュール/バーデン出身、57歳。(2016/10/31/11)

<東レ・カーボンマジック>奥氏 東レ・カーボンマジックは、1日付で新社長に奥明栄副社長が就任した。安藤伸哉前社長は会長に就いた。
〔奥明栄氏=おく・あきよし〕79年童夢入社、91年同社取締役、01年同社取締役兼童夢カーボンマジック社長、13年東レ・カーボンマジック副社長。京都市出身、60歳。(2016/10/4/11)

<3Mジャパン>ラザフォード氏 スリーエム ジャパンは3日、米3Mのグレーター・チャイナ地域(中国・香港・台湾)担当副社長兼3M中国代表取締役のデニース・ラザフォード氏が10月1日付で社長に就任したと発表した。スリーエム ジャパン プロダクツ代表取締役会長も兼務する。三村浩一社長は9月30日付で退任し、3M社エレクトロニクス・マテリアルズ・ソリューションズ部門エレクトロニクス・アセンブリ・ソリューションズ担当バイスプレジデントに就任した。
〔デニース・ラザフォード氏〕1989年コロラド州立大学高分子有機化学博士課程修了、同年3M入社。04年3Mベルギー代表取締役、12年航空宇宙および航空機保守製品事業部副社長兼事業部長、13年ラテンアメリカ地域担当副社長、15年グレーター・チャイナ地域(中国・香港・台湾)担当副社長兼3M中国代表取締役。米ニューヨーク州出身、54歳。(2016/10/4/11)

〔9月〕

<J&Jビジョンケアカンパニー>海老原氏 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)ビジョンケアカンパニーは27日、海老原育子最高執行役員(COO)が新社長に内定したと発表した。10月1日付で就任する。デイビッド・R・スミス社長は、今年12月末までの間、職務の円滑な移行のため顧問として海老原新社長を支援する。
〔海老原育子氏=えびはら・いくこ〕東京大学大学院卒業後、住友スリーエム(現スリーエムジャパングループ)に入社。99年米本社に転籍、ミネソタ大学でMBA取得。13年にジョンソン・エンド・ジョンソンに入社し、戦略、学術、薬事、マーケティングなどの部門を統括するコマーシャル・オペレーションズ&ストラテジー本部長を経て、今年3月からCOOを務めていた。50歳。(2016/9/28/3)

<みらかホールディングス>竹内氏 みらかホールディングスは、10月1日付で竹内成和副社長が社長に昇格する人事を発表した。鈴木博正社長は取締役執行役に就くとともに、9月30日付で富士レビオの会長職とエスアールエルの取締役を退任する。
〔竹内成和氏=たけうち・しげかず〕76年(昭和51年)関西外国語大学外国語学部卒、同年CBS・ソニーグループ(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)入社。10年エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役CFO、16年みらかホールディングス取締役代表執行役副社長。大阪府出身、62歳。(2016/9/21/11)

<ロンザジャパン>長縄氏 ロンザジャパンの社長に、20日付で同社インダストリアル ソリューション事業部長の長縄達矢氏が就任した。長縄氏は1992年12月に南ジョージア大学化学科を卒業。ホクエツ、エー・シー・アイ・ジャパンを経て98年1月にオーリンに入社した。99年2月、特殊化学品部門の分離・独立にともないアーチ・ケミカルズ・ジャパンに転籍。ロンザによる米アーチ・ケミカルズの買収を経て13年からロンザジャパンのインダストリアル ソリューション事業部長を務めていた。岐阜県出身、52歳。(2016/9/21/11)



Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.