記事詳細

2017年11月22日前へ 前へ次へ 次へ

《安全講演会「リスクアセスメントとマネージメントの関与」》

 化学工学会安全部会主催、化学工業日報社後援により11月22日午後1時から、東京都港区の東京工業大学田町キャンパス大会議室で開く。リスクアセスメントの課題と経営トップの責任、リスクアセスメントとプロセス安全管理(PSM)などについて産学の専門家が講演する。参加費・一般1万5000円、安全部会・安全工学会・化学工学会会員1万円、学生1000円(当日払い)。
 参加申し込み・詳細は安全部会ホームページ(http://www2.scej.org/anzen/event/lecture.html)まで。(2017/10/20/11)



《第15回環境研究シンポジウム》

 環境研究に携わる国の機関や大学で構成される環境研究機関連絡会が11月22日午後0時~午後6時に東京都千代田区の一橋大学一橋講堂で開催。テーマは「持続可能な生産と消費」で、13件の講演と、約100件のポスター発表を予定する。主な講演プログラムは次の通り。
 ▽持続的な金属資源循環の構築を目指して(産業技術総合研究所大木達也総括研究主幹)▽超耐熱合金の直接完全リサイクル(物質・材料研究機構川岸京子主幹研究員)▽日本人の窒素フットプリント(農業・食品産業技術総合研究機構江口定夫水質影響評価ユニット長)
 参加無料。申し込みは専用のホームページ(https://www.omc.co.jp/kankyokenkyu/)から。問い合わせは同連絡会(電話029-862-6033)まで。(2017/11/13/11)




Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.