記事詳細

2017年8月24日前へ 前へ次へ 次へ

《日本不織布協会、衛生・メディカル部会が分科会開催》

 日本不織布協会が8月24日午後1時20分~4時40分、大阪産業創造館6階会議室E(大阪市中央区)で開催。演題は「不織布シートのオンライン検査システム」(ヒューテック)、「帝人グループの不織布技術概要と商品開発」(帝人フロンティア)、「使用済紙おむつの再資源化」(ユニ・チャーム)。参加費は正会員が2人まで無料、それ以上は1000円/人。賛助会員が2000円、一般が3000円。定員70人で先着順。参加申し込みは8月9日までに同協会へFAX(06-6233-0843)で。(2017/7/13/12)



《日本包装技術協会・8月研究会》

 8月24日午後1時15分~5時まで日本包装技術協会会議室(東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル10階)で開催する。定員は100人。プログラム内容は次の通り。
 ▽第1部=第217回包装ラインシステム化研究会「包装・容器の外観検査について(予定)」(講師・エム・アイ・エル応用開発部・高野淳吾氏)、「品質保証に欠かせないパッケージの漏れ検査装置(予定)」(同・高千穂精機社長・堀田滋氏)▽第2部=第218回生活者包装研究会「次世代コンビニの実現に向けたイノベーションの取り組み」(同・ローソン執行役員オープンイノベーションセンターセンター長兼経営戦略本部副本部長・白石卓也氏)。
 参加費は法人・個人会員は無料、一般は3240円(1部会・税込み)。問い合わせは日本包装技術協会(電話03-3543-1189)まで。(2017/7/31/7)



《「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW」》

 DIY製品の国内最大の展示会「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW」(主催=日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会)が8月24~26日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で。1978年の初開催から53回目となる今回のテーマは「体験・体感DIY! ホームセンター未来工房」。3つのテーマゾーンや各種イベントを通じ、初心者から上級者まで楽しめる内容にした。
 今回は、最近ホームセンター内に設置されることが増えた「工房」に着目。「男の工房」ではレザークラフト、溶接、丸太切りなどを体験できる。「子ども・未来ゾーン」では毎年好評のカンナ削りなどを実施。また昨年に引き続いて「キラリ! DIY女子」コーナーを設け、部屋壁面のデコレーションなどを行う。
 24、25日は商談目的のバイヤーズ・デー。25、26日は一般公開日。入場料500円は事前登録で無料になる。(2017/8/9/6)



Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.