記事詳細

2017年7月11日前へ 前へ次へ 次へ

《アジレント・テクノロジー、ICP-MS発売30周年記念セミナー》

 アジレント・テクノロジーは、「アジレントICP-MS30周年記念セミナー」を東京と大阪で開催する。ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析計)発売30周年記念イベントで、各分野でICP-MSを用いて最先端の研究に従事する研究者の講演が中心。宇宙から食品、半導体、ナノ粒子、ライフサイエンスまで幅広い講演を1日(9時30分~19時)で聴講できる。セミナー終了後には情報交換会も開催する。大阪(定員200人)は7月11日に千里ライフサイエンスセンター(大阪府豊中市)で、東京(同300人)は7月13日に大手町サンケイプラザ(東京都千代田区)で開催する。受講料は無料だが、同社ホームページから事前登録が必要。プログラムの概要は次の通り。
〈特別講演1〉「ニュートリノとスーパーカミオカンデ~ニュートリノ震動が暗示する宇宙の謎」東京大学・岸本康広准教授〈特別講演2〉◇大阪会場「原子吸光分析、ICP発光分光分析、そしてICP-MSへ-微量元素分析を支える不断の進展-」関西学院大学千葉光一教授◇東京会場「私の研究室で行ってきた誘導結合プラズマ質量分析計を用いた3つの応用研究」中央大学古田直紀教授〈特別講演3〉「超高純度試薬とその需要について」多摩化学工業赤羽勤子スペシャルフェロー〈特別講演4〉「ICP-MS温故知新-シングルパーティクルICP-MSの話題を中心に」産業技術総合研究所稲垣和三環境標準研究グループ長(2017/6/6/11)





Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.