記事詳細

2017年5月20日前へ 前へ次へ 次へ

《第73回有機合成化学協会関東支部シンポジウム》

 有機合成化学協会関東支部の主催、日本化学会、日本薬学会の共催で5月20日、東京都豊島区目白の学習院大学目白キャンパスで。特別講演として「フッ素置換基の特性を活用する炭素-フッ素結合の活性化」(筑波大数理・市川淳士氏)、「生命科学研究に用いるブローブ創製に役立つ有機反応化学」(東医歯大生材研・理研CLST・細谷孝充氏)を予定している。口頭発表(12分)も予定。
 発表申し込み締め切りは3月10日、予稿原稿締め切りは4月21日。詳細は同協会ホームページの同シンポジウムのページ(http://kanto.ssocj.jp/73/)から。(2017/3/1/6)





Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.