記事詳細

2017年2月28日前へ 前へ次へ 次へ

《自動車技術会・触媒学会、自動車向け排気触媒技術の最新動向》

 自動車技術会、触媒学会共催で2017年2月28日午後1~4時40分、東京大学生産技術研究所An棟2階コンベンションホール(東京都目黒区駒場4-6-1)で開催。
 講演内容は「技術研究組合AICEにおけるクリーンディーゼル研究活動の報告」(トヨタ自動車)、「NH3によるNOx選択還元用触媒の研究」(豊田中央研究所)、「量子論からの積み上げによる人工知能融合マルチスケール排ガス浄化シミュレーション」(東北大学)、「オフロード車での排ガス規制対応技術の紹介」(アイ・ピー・エー)。
 参加費は無料。定員150人。問い合わせは、自動車技術会技術交流課(電話03-3262-8235)まで。(2016/12/8/6)



《日本包装学会が第72回シンポジウム》

 2月28日午前10時から午後4時40分まで東京都品川区東大井のきゅりあん6階大会議室で開催する。「美しき機能パッケージングを目指して-魅力・感動あるパッケージデザインする方法を考える」をテーマに、3D-CAD・3Dプリンターを活用したデザインアプローチに関する講演が予定されている。講演内容・講師は次の通り。
 ▽「仕事の仕方・デザインプロセスの革命~デライトデザインのすすめ~」(東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻特任研究員・大富浩一氏)▽「3Dデジタル技術が可能にする美しい機能性加飾技術の追求」(ケイズデザインラボ社長・原雄司氏)▽「美しいデザインには理由がある」(澄川伸一デザイン事務所代表・澄川伸一氏)▽「モノづくりのプロセスを革新する3Dプリンティングソリューション最新の市場動向と活用事例」(ストラタシス・ジャパン社長・片山浩晶氏)▽「視覚・触覚に訴える感性価値を実現できる色・素材と加飾技術」(長瀬産業カラー&プロセシング事業部営業課課統括・福田浩之氏およびカラーコーディネーター・水科智美氏)。
 定員は90人。参加申し込み・問い合わせは日本包装学会「第72回シンポジウム係」まで。(2017/1/27/6)



《ラオス経済・投資促進フォーラム》

 日本アセアンセンターとラオス計画投資省が共催で28日午後2時からバンコクのアエタス ルンピニ ホテルで開催。計画投資省のキケオ チャンタブリー副大臣などが講演するほか、パネルディスカッションを通してラオスへの投資の魅力などを探る。参加費は無料、定員は70人。詳細、申し込みはhttp://www.asean.or.jp/ja/invest-info/eventinfo-2016-49/に。(2017/2/15/3)



Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.