記事詳細

2017年2月1日前へ 前へ次へ 次へ

《有機合成化学協会関西支部が「有機合成のニュートレンド2017」開催》

 主催は有機合成化学協会関西支部、共催は日本化学会近畿支部など。2017年2月1~2日、大阪市西区の大阪科学技術センターで開催する。「エネルギーを直接分子に伝達するマイクロ波化学法と、スケールアップの現状」(マイクロ波化学・塚原保徳氏)、「輸血に代わる薬『ムルプレタ錠3㎎』の創薬物語」(塩野義製薬・高山正己氏)、「たんぱく質間相互作用を調節する合成中分子を創る」(信州大院農・大神田淳子氏)、「化学遺伝学による創薬標的探索研究」(理研・吉田稔氏)、「触媒を介して官能基を移動させる?移動型カルボニル化反応?」(奈良先端大・森本積氏)など11件の講演を予定。
 申し込みは13日まで(定員120人になり次第締め切り)。問い合わせは同協会関西支部(電話06 6441 5531、FAX同6443 6685、Eメールseminar@soc-kansai.org)。(2017/1/11/6)





Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.