新聞のご案内

『化学工業日報』の特集・企画記事のご紹介

2014年9月
・30日 九州-重要性増すアジアへのゲートウェイ
・29日 産業ガス-業界の地位向上、発言力高める
     台湾-ポストICTはヘルスケア
・26日 化粧品総合-勝ち残りへ成長戦略本格化
・25日 HPLC-高速液体クロマトグラフィーの対する社会的評価
・24日 石油・エネルギー産業-明確なエネルギー戦略構築急げ
・22日 日中化学産業発展フォーラム-互いの強みを生かして成長持続を
・19日 高機能繊維-先端技術で人類の課題解決に貢献
・18日 UV/EB硬化技術の最新動向-UV硬化技術を用いた有機無機ハイブリッド材料の開発
・17日 ポバール-持ち味生かし内外で攻勢
・16日 接着剤-技術力、付加価値高めものづくりに貢献
・12日 第2期「新LRI研究報告会」-化学物質管理の課題解決へ
・11日 環境ビジネス特集 PART3-環境対応技術・製品で持続可能な成長
・10日 ファインケミカル受託製造技術-得意技術でアウトソーシングのニーズに応える
・ 9日 有機酸-工業用途など需要堅調に
・ 5日 農薬-「攻めの農林水産業」に期待
・ 4日 攪拌機-高度化、効率化で差別化を推進
・ 3日 CSRレポート Part1-持続可能な社会実現へ 化学の“力”を通じ貢献
・ 2日 JASIS2014-アジア最大規模の分析・科学機器展
・ 1日 第17回ヨウ素学会シンポジウム-引き出せヨウ素の新たな価値
     タイ-ASEAN牽引役の座は不変

2014年8月
・28日 環境ビジネス特集 PART2-環境対応技術・製品で持続可能な成長
・27日 OTC医薬品-セルフメディケーションの要
・26日 触媒工業-新時代を切り拓く 技術・サービス追求
・25日 鉄鋼系プラントエンジニアリング-世界的課題解決へ活動領域拡大
・22日 北陸産業-独自技術・ノウハウで存在感さらに高める
・21日 溶剤-塗料・接着剤向け回復 高純度品の成長に期待
・20日 試薬-成功のカギは徹底したサービス精神
・19日 有機過酸化物-変化するニーズに柔軟対応
・ 8日 危険性評価試験-化学物質の取り扱いに万全期す
・ 7日 広島-世界に誇る“モノ作り”集積
・ 6日 ウレタン原料-拡大続く世界需要、国内市場も底堅く
・ 5日 機能性色素-成長を持続する機能性色素
・ 4日 夏季特集-地球的課題 解決へ英知結集
・ 1日 食品添加物-一段と高まる国際整合性

2014年7月
・31日 電子材料-次世代の本命にらみ動き活発
・30日 危険物保管-多様なニーズ きめ細かく対応
・29日 自動車用プラスチック-車体軽量化へ存在感さらに高める
     放射性物質除去技術-ノウハウ蓄積、着実に高度化
・28日 夢・化学21-化学って楽しい!!
・24日 エポキシ樹脂-先端分野で存在感、特殊化に磨き
・23日 塗料工業-潜在需要掘り起こし難局打開
・22日 酢酸-円安も追い風 競争力回復
・18日 ガス発生装置-省エネルギー・省スペースを追求
・17日 石油化学産業-世界の潮流先取りし生き残り
・16日 シリコーン-高機能化で用途領域広がる
・14日 中国-知見と実績生かし勝ち残り
・11日 特殊塩ビ-機能性を追求し 新領域開拓に力
・ 8日 ロジン-特異な物性生かし広範領域で活躍
・ 7日 環境ビジネス特集 PART1-環境対応技術・製品で持続可能な成長
・ 4日 飼料添加物-高付加価値品開発で収益改善へ
・ 2日 合成染料-高機能化で市場切り拓く
・ 1日 安全性試験受託機関-医薬品開発に重要なプロセス

2014年6月
・30日 ケイ酸ソーダ-土木中心から新需要創出へ
     中堅・化学品商社-変化の波をビジネスチャンスに
・26日 コンピューターケミストリーシステム 特集第2部-新薬など研究開発支援 広域領域で網羅
・25日 コンピューターケミストリーシステム 特集第1部-研究開発支える基盤技術へ発展
・24日 化学品貿易-自動車関連、有機化合物など堅調
・23日 3R容器-資源を有効利用 化学品物流を支える
     シンガポール-揺るぎない域内ハブ構築
・20日 プラントエンジニアリング-フロンティアに挑む
・19日 エンプラ特集 Part3(PBT・変性PPE・液晶ポリマー)-新用途・成長市場へ提案強化
・18日 バリウム塩類-国内需要 回復基調に
・17日 フッ素ケミカル-自動車・電子分野で好調継ぐ
・16日 合成シリカ-低燃費タイヤ向け軸に需要堅調継ぐ
・13日 水処理薬剤-安全・清浄性確保へ安定供給
・12日 APIC2014-原料転換、試練をチャンスに
・11日 IISRP 第55回年次総会-業界のさらなる発展 課題解決へ活発な議論
・10日 製紙用薬剤-品質を強みに成長続くアジア市場開拓
・ 9日 肥料-国内農業の競争力強化に貢献
・ 6日 アスファルト合材付着防止剤-高機能化推進、舗装効率に寄与
・ 5日 抗菌製品-日本主導で世界的広がり
・ 4日 ICCA理事会-21世紀に何をすべきか
・ 3日 リン化合物-開発・技術力生かし市場開拓

2014年5月
・29日 カーボンブラック-中国品流入、顧客海外シフト加速
・28日 有機中間体-確かな技術で次代拓く
・26日 環境-化学が創る次世代技術
・23日 硫酸-国内需要、タイト基調で推移
・21日 和歌山-地場の化学技術 世界を先導
・20日 機能性食品・素材-新たな機能性で多様化推進
・19日 リチウム化合物-水酸化リチウム 受給タイト長期化へ
・16日 キチン・キトサン-研究重ね応用領域さらに拡大
・15日 遮熱塗料-存在感際立つ遮熱塗料
・14日 プラスチックリサイクル-広範分野で役割増す
・13日 エンプラ特集 Part2(POM・PPS・)-新用途・成長市場へ提案強化
・12日 光学活性体-新規触媒開発に拍車
・ 9日 高分子エマルジョン-高付加価値製品 開発・普及に力
・ 8日 第3回JACI/GSCシンポジウム開催-化学が拓く豊かな未来社会

2014年4月
・28日 エンプラ特集 Part1(ナイロン樹脂・PC樹脂)-新用途・成長市場へ提案強化
・25日 工業用カリ塩-広範用途で内需根強く
・24日 キレート剤-輸出の伸び背景に需給ひっ迫感
・23日 特殊合成ゴム-自動車向け軸に需要堅調
・22日 石油樹脂-安定供給へ原料確保最優先に
・21日 総合特集・第2部-迅速かつ大胆な経営戦略構築
・18日 熱可塑性エラストマー-リサイクル容易で省エネ・高意匠
・17日 ホウ砂・ホウ酸-需要回復へ新たな取り組み必須
・16日 難燃剤-HVなど車部品用途で上向き
・15日 FPD・高機能フィルム・プラ展-先端技術・部材・製品が一堂に
・14日 次亜塩素酸ソーダ-「品質」で市場二極化 一段と
・ 7日 産業用酵素-幅広い分野で生活を支える
・ 3日 カルボキシメチルセルロース-機能性前面に国内外で攻勢
     CPHI JAPAN 2014-グローバルビジネスへの展望 切り開く
・ 2日 活性炭-環境関連で世界需要さらに拡大

2014年3月
・31日 山口-重厚長大型からスペシャリティへ
・28日 こだわりのモノづくり(製品編/歴史編)-大阪支社特別企画
・27日 芳香族-アロマシフト より鮮明に
・26日 ISOタンクコンテナ-物流効率化へ 化学品分野で採用拡大
・25日 ソーダ工業-景気回復で持ち直し局面
・24日 工作油剤-製造業支える機能性 さらに磨き
     インド-“試練”乗り越えチャンスつかめ
・20日 自動車材料-世界同一品質の供給体制構築へ
・19日 バイオプラスチック-バイオマス 非生分解性樹脂が牽引
     高吸水性樹脂-グローバル市場で競争激化
・18日 ファイン・スペシャリティ-回復基調が鮮明、再び成長戦略に舵
・17日 日本化学会・春季年会-次代に花咲く、化学の種育てよう
     医療産業-世界の健康支える日本へ
・14日 イオン液体-産学連携研究で成果着実に
     消泡剤-高機能志向 一段と強まる
・13日 機能性酸化チタン-技術磨き高度化ニーズ対応
・12日 UV・EB硬化技術-生産効率アップ、環境対応で存在感
・11日 阪神播磨-産官学一体で日本再生のシナリオ描く
・10日 重防食塗料-技術力駆使し機能性、環境対応両立
     総合特集・第1部-迅速かつ大胆な経営戦略構築
・ 6日 自動車補修用塗料-新しい価値創出し“逆境”に挑む
・ 4日 受託製造技術-産学官連携密に“先陣”
・ 3日 マグネシウム化合物-高品質強みに独特の存在感

2014年2月
・28日 化粧品原料-東南アへの関心高まる
・27日 遠心分離機-さらなる進化で効率化に貢献
・26日 IBC-世界の中容量物流に不可欠
・25日 スマートエネルギーWeek2014-世界の新エネルギートレンドが集結
・21日 京都特集-“混沌の海”から未来をつかめ
・20日 機能性色素-新規技術・材料開発に関心高まる
・19日 米シェール革命-世界の需要構造 大きく変化
・18日 抗菌・防カビ剤-ニーズ対応的確に より安全性追求
・17日 臭素化合物-機能性を生かし新たな需要開拓へ
     中国ビジネス-潮目の変化読み商機獲得
・14日 HPLC用カラム・充填剤-バイオ医薬品向けが成長牽引
・13日 シクロデキストリン-応用範囲さらに拡大
・ 7日 有機硫黄化合物-高機能・付加価値製品育成に力
・ 5日 過酸化水素-優れた環境特性 強み
・ 4日 食と化学-時代の変化に化学が貢献
・ 3日 中国化学産業-持続的成長へ構造改革課題

2014年1月
・30日 ベトナム-課題克服に挑む「東南アジアの昇竜」
・29日 CCMシステム-「色彩」の国際展開に寄与
・28日 ナノテク・機能性材料-社会の重要課題を根底から解決
     表面処理技術-広範産業下支え モノづくりの重要基盤
・27日 触媒工業-環境保全向けなど技術力で世界を先導
・24日 マレーシア-新たなバリューチェーン構築へ
・23日 マイクロリアクター-安全な化学プロセス変革に不可欠
・22日 試薬-技術立国支える「縁の下の力持ち」
・21日 PC樹脂シート・フィルム-広がる用途、高付加価値化進む
・20日 R&D特集-次代の中核事業創出け新機軸
・17日 コンクリート用化学混和剤-構造物建設支え機能さらに進化
・16日 水処理総合-高度技術で世界に活躍の場
・15日 塩ビ安定剤・可塑剤-塩ビ樹脂の内需回復で明るさ
・10日 流動パラフィン-新たな戦略で持続的成長へ
・ 9日 界面活性剤-内需底打ち回復基調
・ 8日 プラスチック酸化防止剤-技術前面に高度化ニーズ対応
・ 7日 有機リン化合物-多彩な用途で活躍の場広げる
・ 3日 新年特集号・第2部-産学官連携密に“先陣”
・ 1日 新年特集号・第1部-持続可能な社会へ 今こそ“化学”の力を

2013年12月
・24日 重金属処理剤-土壌処理分野に関心高まる
・20日 マスターバッチ-独自技術で機能にも彩り
・19日 不織布-ニーズ高度化に対応 研究開発加速
・18日 総合商社の化学品戦略-新たな成長に向け事業基盤を拡大
・17日 在日欧米医療産業-国境超えた存在感発揮
・16日 在日欧米化学企業-グループ成長へ関係強化 不可欠
・13日 高級アルコール-界面活性剤、化粧品、医薬品原料など広範展開
・12日 合成ゼイライト-高い設計自由度で需要の裾野拡大
・10日 天産物-安定供給へ調達先多様化など推進
・ 9日 インドネシア特集-眠りから覚め いざ真価発揮
・ 6日 CCS特集 第2部-次世代スパコンで待望のブレークスルー
・ 5日 CCS特集 第1部-ニーズ対応へ ベンダー複合化
・ 3日 セミコン・ジャパン2013-日本からの情報発信を

2013年11月
・29日 こだわりのモノづくり(製品編/歴史編)-大阪支社特別企画
・27日 ファイン・スペシャリティ-きめ細やかな対応で付加価値提供
・26日 岡山特集-国際競争に打ち勝つ生産拠点へ
・25日 顔料-高精度・高機能製品の開発に活路
・22日 ファインセラミックス-広範分野で機能性発揮
・21日 エポキシ樹脂硬化剤-先端領域でたゆまぬ開発努力
・20日 CSRレポート (2)-化学企業の責任明確に
・19日 無機薬品-新領域開拓で苦境脱出へ
・18日 バイオ産業-絶え間なく進化
・15日 光学異性体分離用カラム-医薬向け伸長、機能性さらに磨き
・14日 アンチモン化合物-自動車用難燃助剤の拡大に期待
・13日 塗料添加剤-機能・特性向上に不可欠
・12日 乳化剤-ソリューション提供前面に市場開拓
・11日 中堅・化学品商社-迅速に変化とらえ持続的成長
・ 8日 甘味料-加工食品から医薬向けまで幅広く
・ 6日 電池産業-大型LiB、市場牽引へ
・ 5日 環境ビジネス特集 PART4-「持続的発展」へ化学各社の挑戦

2013年10月
・31日 こだわりのモノづくり(製品編/歴史編)-大阪支社特別企画
・30日 滋賀特集-“環境県”滋賀、企業誘致活動を再始動
・29日 INCHEM東京2013-最先端の環境技術 世界にアピール
・28日 合成ゴム-高度化ニーズに応える
・25日 水処理技術・薬剤-グローバル市場成長続く
・24日 アミン化合物-需給ギャップ顕在化、収益改善急ぐ
・23日 イオン交換樹脂-高機能製品開発 市場を深堀り
・22日 有機EL材料-開発進む印刷/塗布プロセス
・21日 タイ特集-最強パートナーと一段の高みへ
・18日 化学品物流-多様化ニーズ対応へ新たな視点
・17日 プラスチック添加剤-「環境調和型」が最大テーマ
・16日 建築資材-機能性追求、差別化進む
・15日 CPhIジャパン2014-世界で存在感高める絶好の機会
・11日 日本医薬品添加剤協会-品質確保と信頼性向上に尽力
・ 9日 香料-市場規模拡大続く
・ 8日 粉体工業展大阪2013-オールジャパン体制で技術力向上へ
・ 7日 HPLC-超高速液体クロマトグラフィーの出現と新展開
    総合特集 2部-成長路線回帰へ改革加速
・ 4日 高機能性繊維-繊維産業復権へ狼煙
・ 3日 塩ビ工業-独自機能生かし 内外で需要拡大
・ 2日 印刷インキ-海外展開、高付加価値化戦略がカギ


Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.